お知らせ

「緊急事態宣言」を踏まえた本校における対応基本方針

 新型コロナウイルス感染により、鹿児島県でも休校要請が出されたことを受け、本校でも4月22日から5月6日までを休校といたします。

 

 学生の皆さんは、地域の感染拡大への恐怖とともに、これからの学習がどうなるのか不安が増していることと思いますが、そのような時期だからこそ、看護を学ぶものとして、今自分達がなすべきことは何なのかを真剣に考え、誠実に行動して人との接触を避け、家族や地域の方々と協力して、この日本中、世界中の混乱に打ち勝っていきましょう。

 

 また、休校期間中人との交流が少なくなることで不安な気持ちが増したり、心身の不調も懸念されます。その際は学校や下記の鹿児島教育ホットライン24に連絡をし、必要な支援を受けましょう。更に、休校措置に伴う学内での授業ができないことで資格取得のための学習に著しい遅れが生じることのないよう、休校期間は自宅学習期間といたします。時間割に沿って提示された学習課題に応じて、主体的に計画的に自宅での学習を進めてください。

具体的な対応策
  • 休校期間: 令和2年4月22日(水)~5月6日(水)
    *5月7日以降につきましては、国や県からの要請の有無や感染状況を踏まえて検討いたします。
  • 体調確認: 毎朝検温、症状確認を行い、8:30までにMicrosoft Teams の健康チェック表で報告
    *休校期間中はTeamsによる体調報告をもって出席といたします。
  • 学習及び履修の保証:学習目標に沿って、課題を提示します。
    1)学生は、テキストや資料、ナーシングチャンネル内動画の視聴を行い、主体的に学習を深めて下さい。
    2)自宅学習がスムーズに進むように科目によってはオンライン授業を行います。
    3)自宅学習で不足する内容については、状況に応じて学内での補講等を検討予定です。
  • 自宅での過ごし方
    1)外出を自粛するとともに家族以外の接触も可能な限り自粛し、感染拡大防止に努める。
    *どうしても外出する際は、この外出は本当に必要なものか、今日でなければならないのかを考え判断し、外出は最低限とする。
     特に居住地以外の市町村への移動は厳に慎む。
    *どうしても外出しないといけない場合は必ずマスク着用とする。
    *食品や日用品の買い物は数日分まとめ買いし、また、事前に購入するものをメモ書きし、短時間で終了するようにする。その際、周囲の人との距離をできるだけ保つ。
    *買い物はできるだけ多人数で行かず、相手の密集を作らない。
    *買い物の前後は、擦式アルコール等で衛生的手洗いを行う。
     (できない場合はウェットティッシュ等で手を拭く)
    2)自宅でも出校時と同じように、手洗いや規則正しい生活を行い、健康保持に努める。
    *自宅でも、衛生的手洗い(15秒以上)を励行し特に食事の前後、排泄後は遵守する。
    *自宅でも換気に努め、最低1日5回以上は行う。(長いほど効果的)
    *家族内との距離もできるだけ確保する。
    *家族が複数触れるドアノブやテーブルトイレ等は拭き掃除をきちんと清掃に努める。
    *規則正しい生活に努め、睡眠時間を確保し、バランスの良い食事を三食きちんと摂る。
    3)自宅学習は、科目履修内容であることを肝に銘じて、提示された学習課題に主体的に取り組む。
    *テキストや資料、ナーシングチャンネルの視聴等を活用して計画的に進める。
    *空いた時間で読書等に努め、読解力を高める。
    4)このような機会を活用して学習だけでなく、自身や家族の生活を整えるために、家庭の食事の準備、部屋の整理整頓、掃除、洗濯等を積極的に行い、看護力を高める。
    5)家族の健康状態にも注意し、コロナ感染が疑われる状況があったら学校に連絡、相談する。
    6)心身の不調がある場合も、必ず学校や専門機関に相談する。
  • 募集要項
  • 資料請求
  • 各種用紙ダウンロード
  • 3年課程オープンキャンパスのご案内

http://www.kagoshima-med.jrc.or.jp/index.php

慈愛会グループ

  • 慈愛会グループ
  • いづろ今村病院
  • 今村総合病院
  • 谷山病院
  • 奄美病院
  • 徳之島病院
  • 高麗町クリニック
  • オハナクリニック
  • 慈愛会クリニック
  • 七波クリニック
  • 介護老人保健施設 愛と結の街
  • 鹿児島中央看護専門学校
ページTOPへ