キャンパスブログ

3年課程看護科

令和3年度 戴灯式をおこないました。

令和3年12月20日、令和3年度の戴灯式が挙行されました。

今年戴灯式を迎えたのは、第19期生44名です。

2021taitoushiki5

☆戴灯の儀

学生一人ひとりが、ナイチンゲール像の蝋燭から灯火を戴き、全員で誓いの言葉を唱和します。
第19期生は、『責任』『初志貫徹』『気付き』『慈愛の心』という4つの言葉を大切に、共に看護師を志し切磋琢磨していく誓いを立てました。

2021taitoushiki6

☆学校長式辞・来賓祝辞

 次に、学校長より式辞の後、鹿児島県看護協会長様と当法人の会長より激励のメッセージをいただきました。

2021taitoushiki3  2021taitoushiki2  2021taitoushiki1

☆在校生代表お祝いの言葉

2021taitoushiki4

 『本日、19期生の皆様が戴灯式を迎えられましたことを、在校生一同、心よりお祝い申し上げます。 ナイチンゲールから灯火をいただき、明かりを灯した皆様は今どのようなお気持ちでしょうか。 今年は新型コロナウイルスの影響で、19期生の皆さんは入学してから多くの授業がリモートとなり解剖生理をはじめとした今までとは異なる専門的な授業を 自宅で受けなければいけない環境で、学習を続けることはとても大変だったと思います。さらに、基礎看護学実習もシュミレーションでの実践となりましたね。 しかし、仲間と学んだ多くのことは、これから絶対に皆さんの大きな力になると信じています。 私も二年前、領域別の実習にとても緊張し不安を感じながらも、これからどのような患者さんと出会い、実際の看護を学べるか楽しみも感じながら実習に臨みました。 臨地実習で座学の知識を土台として生身の患者様に初めて看護を実践できたときの喜びを今でも覚えています。 成人看護学実習Ⅰの急性期の実習での話です。受け持たせていただいた患者様は事前の情報から既往歴に脳梗塞、後遺症からの片麻痺があり、 コミュニケーションが難しいと記載してありました。私はコミュニケーションが難しい=発言できず意思疎通が難しいと考え、患者様とのコミュニケーションに自信が持てず、 今回の実習が乗り越えられるのか不安でした。患者様は構音障害、失語症によりスムーズに発言することが困難であり、いつも眉間にしわを寄せてなにかを訴えている ような表情をしていました。受け持ち次の日手術を予定していましたが、急な発熱により手術は延期となりました。私は手術が中止となったとき、急性期の実習であるにも 関わらず、周手術期の看護が行えないことで、自分自身の実習が無事に終わるのか不安になりました。また患者様はどうなるのか、これからどのように関わればいいのか 悩みましたが、患者様にとって今何が必要かに目を向け看護を実践することが大切だとアドバイスを受け、手術に向けて身体の状態を整えることや患者様に不足している セルフケアに目を向け援助を行いました。しかし、私は患者様のニーズと一致した看護だったのか分からず不安でした。受け持ち最終日に「あなたがいてくれてよかった。 ありがとう」と言われたときに自分の行った関わりが看護になっていたと感じました。 ヴァージニア・ヘンダーソンは、「看護の基本となるもの」の中で、『看護師は自分の患者が何を欲しているのかのみならず、生命を維持し、健康を取り戻すために何が 必要としているのかを知るために、彼の《皮膚の内側》に入り込まなければならない』と述べています。患者様が何を必要としているのか会話だけでなくタッチングや、声かけ、 頷き、患者様の表情からも気づき、関係性を築くことが大切だと気付きました。 19期生の皆さんはこれから長い実習が始まります。実習中にたくさんの壁にぶつかり、悩み、不安になるときもあると思います。でもそんな時はグループメンバーや担当教員、 病棟の指導者さんに相談してください。そして、今日行った看護が自分のしてあげたい思いだけの看護になっていないか、患者様の思い、ニーズにあった援助ができていた か、一度踏み止まって考えてみてください。きっとその患者様のための看護が見つかると思います。そして、長い実習の中で自分の理想の看護師像を探し続けてください。 最後になりましたが、健康に充分に気をつけて今後の学び、経験が皆様の強みになりますことを心からお祈りして、私のお祝いの言葉とさせていただきます。 』


 多くの来賓・保護者・教職員・在校生が見守る中、無事式典を終えることができました。 また、当日お越しいただいた来賓の皆様からも、温かいお祝いの言葉を頂戴しました。ありがとうございました。
 コロナ禍で大変なこともたくさんあったかと思いますが、無事、この日を迎えることができました! 看護師になるという夢に向かって、これからも勉強や実習を頑張っていってほしいと思います。

 

ページTOPへ