学校のご紹介

教育目的

3年課程看護科

看護師として必要な知識及び技術を教授するとともに、学生の主体的な学びと意欲によって、十分な判断力と問題解決能力及び創造性を体現できる、豊かな人間性を兼備えた看護専門職者として、社会に貢献しうる有能な人材を育成する。

期待される卒業生像
  • 人間は、普遍的ニードをもつ個別的・自立的存在であり、生涯にわたって成長・発達する生活者であると捉えることができる。
  • 望ましい健康状態とは、自己実現を目指し、環境に適応している状態であると理解し、個々人の健康を看護の目標に置くことができる。
  • 看護の役割は、看護の対象に対する、身体的ケア、心のケア、教育的関わりであると理解し、科学的根拠に基づき、対象の安全・安楽・自立を保障する看護を実践できる。
  • 医療倫理・看護倫理に基づく医療専門職として、自覚と責任を持った行動ができる。
  • 人々の多様な価値観を認識し、豊かな感性と共感的態度で、家族を含めた対象と良好な人間関係を築くことができる。
  • 保健・医療・福祉の現状と課題を、社会の動向との関連性の中で考察し、人々がセルフケア能力を高めるために必要な社会資源の活用を支援できる。
  • 医療専門職として看護の専門性と自立性を発揮し、医療関係職種・福祉関係職種との適切な役割分担と連携のもとに、チームメンバーとしての責務を果たすことができる。
  • 専門職業人としての向上心と、看護を継続して探究する姿勢を持ち、看護実践の厳しさとともに、悦びと充実感を感じ、看護職に魅力と将来への希望を抱ける。

2年課程(通信制)看護科

看護師として必要な知識及び技術を教授するとともに、学生の主体的な学びと相俟って、十分な判断力と問題解決能力及び創造性を体現できる専門職・看護師として社会に貢献しうる有能な人材の育成を目指す。

期待する卒業生像
  • 人間を共通する一般性と個別性とが統合された多様な価値観を持った存在としてとらえ、人間理解をさらに深めることができる。
  • 健康は環境との相互作用や心身相関の関係であると理解し、健康の保持増進及び疾病予防のための活動に積極的に参加できる。
  • 医療倫理・看護倫理に基づき個人を尊重し、受容的・共感的態度で家族を含めた対象と良好な人間関係を築くことができる。
  • 科学的根拠に基づいた的確な看護判断を行い、様々な看護技術を駆使して対象の安全・安樂を確保できる。
  • 保健・医療・福祉の現状と課題を社会の動向との関連性の中で、包括的にとらえることができ、人々がセルフケア能力を高めるために必要な社会資源の適切な活用を支援できる。
  • 医療専門職として専門性と自立性を発揮し、医療関係職種・福祉関係職種との適切な役割分担と連携のもとに、チームメンバーとしての責務を果たすことができる。
  • 専門職業人として最新の知見を活用し看護実践するために、生涯にわたり主体的な学習が継続できる。
ページTOPへ